JRAは、レース映像を無断使用するYoutuberを取り締まった方が良い。オンカジに流れるので。ストマック、パイセンの競馬チャンネル…etc 

競馬youtuberの登録者数ランキング

競馬youtuberの登録者数ランキングを作ったところ。

ご覧のように登録者数上位の多くを、映像権利違反者が占めていた。

ストマック、タコル、ニートボクロチキン、など、登録者を増やしている多くの競馬Youtuberは、
JRAのレース映像を無断使用して、登録者を増やしている。


最近、これらの権利違反で登録者を増やしたYoutuberが、違うギャンブルへ顧客を誘導する流れが目立ち初めた。

エルドアカジノへの誘導を行う ストマック

競馬の無断使用で、チャンネル登録者を増やした。

カジノ「Beebet」への誘導を行うパイセンの競馬チャンネル

もともと権利侵害の動画で登録者を増やしていた。

かつてのストマック、かつてのパイセン

JRAが映像無断使用を許すと、結局オンラインカジノへ人を流し始める。

どういう事情があったか知らないが、ストマックもパイセンも、当初はカジノへの誘導を行わないと公言していたアカウントだ。

結局、権利を侵害して登録者を増やし、そこからオンラインカジノ誘導という、個人的なビジネスにつなげてしまっている。

Youtubeは、侵害の被害者が訴えを起こさないと、動画コンテンツを取り締まらないので、
JRAから積極的に働きかける必要があると思いました。

権利侵害の動画で登録者を増やしたカスYoutuberの分際で、何を言ってるのかな~と思いました。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次